わきがの原因って何?

現代社会の人々の間では、スメルハラスメントという単語が生まれるほど臭いに敏感です。特にわきがに対しては、不快感を覚える人も多いと言えるでしょう。

それもそのはず、人によって激臭を伴うわきがは、その場の臭いだけではなく、場合によっては服に臭いが染み付くことすらあると言われています。

そんなわきがの原因は、主に遺伝によるものとされています。

わきには皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺と呼ばれるものがありますが、特に生まれつきアポクリン腺が多い人ほど臭いを発しやすいのが現状です。分泌される汗の量が増えることで、臭いが増してしまいます。

対策法としては手術を受ける方法と日々のケアを気を付ける方法のふたつが考えられます。手術を行うことで臭いの原因を取り除くことができますが、症状によっては多額の出費は免れません。

デオドラントスプレーの利用、汗をかいたらこまめに拭くなど、日々のケアを入念にするだけでも臭いを抑えることができます。

病院でわきがを治してくれるの?

体に関する悩みの中でも、体臭に関わることは非常にデリケートな問題です。わきがはそうした中でも多くの人が抱えているもので、夏など発汗が多くなる時期にはより問題が深刻なものになります。

わきがの臭いを軽減する方法としては、市販のデオドラントやクリームを使用する他、ミョウバン水などを使うという人もいますが、どれもあくまで対症療法になるので、根本的な解決にはなりません。

わきがの臭いの原因は、アポクリン腺と呼ばれる汗腺からの分泌液に雑菌などが繁殖するためで、このアポクリン腺の働きを抑えることが治療へとつながります。

専門の病院を受診すれば、アポクリン腺の除去手術を受けることができるので、臭いを元から断つことが可能となります。

手術に抵抗がある人であれば、ボトックス注射の治療もおすすめです。これはアポクリン腺の働きを抑制することができるもので、短時間で施術が完了する上、ダウンタイムも必要ないので、施術したその日から普段通りの生活をすることができるのが大きな利点です。