女性におすすめの体臭対策方法

体臭といえば汗臭く男臭い男性のもの、と思われがちですが、最近は女性も体臭を指摘される場面が多くなったと言われています。職場で不快なニオイをさせて生産性を下げてしまう、スメルハラスメントなんていう言葉も流行したくらい、今はニオイに敏感な時代なんですね。

特に女性がスメルハラスメントの加害者になりがちなのが、化粧品や香水の香りです。自分では慣れきっているうえに、もともと好きな香りなので気になりませんが、周りにしてはたまらなく不快という場合も少なくありません。

香水はつけすぎない、柔軟剤の用法は守るなど対策が必要です。ほかのひとに自分の体臭について聞いてみるのもいいですね。

ストレスが女性の体臭の原因になっているって本当?

女性の体臭の原因と対策

あと女性が長時間働くようになったせいでストレスが増え、女性ホルモンのバランスが崩れたことで体臭が起きてしまうことも増えています。女性ホルモンのバランスが崩れると皮脂の過剰分泌が起こり、それが酸化することで若い女性でも加齢臭のようなニオイがするようになってしまうんです。

まずはしっかり睡眠をとって休むこと、ストレスを溜めないことが体臭対策の基本です。毎日少しでいいのでウォーキングやラジオ体操のような運動を20〜30分やったり、ゆっくりお風呂に入るのもいいですね。

あと女性ホルモンを増やすためにはときめきも大切なんだとか。好きな芸能人を追いかけてみたり、恋愛小説や映画を見るだけでもホルモン分泌にはよいのだそう。女性が忙しくて大変な時代だからこそ、自己管理が大切ですね。

あと体質もけっこう問題だったりします。生まれつきワキガ体質で体臭がとてもきついひとは、病院で治療してもらうこともできますのでまずは相談してみましょう。

皮脂の酸化のほかにも、汗に雑菌が増えて蒸発するときに悪臭を振りまいてしまう事もワキガの原因です。普通のひとでも同じことがワキなどで起こっていて、対策はデオドラントが一番手軽で効果的と言われています。

ロール式やクリーム状など、塗るタイプのデオドラントは長時間ニオイを抑えてくれるので、一般的なスプレー式よりも効果的なんだそう。デオドラントは塗ると汗そのものの分泌や、雑菌が繁殖するのを抑えてくれるので、ツーンとしたニオイはかなり無くなります。

汗で流れてしまいがちなので、こまめに塗ってさわやかなワキを維持したいですね。服の上から消臭剤をスプレーするのも一定の効果があると言われています。

あと代謝を良くして、ニオイの原因物質を排出しやすくするのも効果的です。さっき触れた有酸素運動やお風呂にゆっくり入ったり、食物繊維や水分をしっかりとってニオイ原因物質の排出がよい体にすることも体臭対策には重要です。

代謝の悪い体は、吸い込んだ酸素を不完全燃焼させ乳酸を作り出します。乳酸が肝臓のはたらきを邪魔してアンモニアを尿酸に分解できず、血液、その後は汗にアンモニアがそのまま出て行ってしまって臭い汗になってしまうんです。

アンモニアはあの尿のツーンとしたニオイです。乳酸がたまらないよう、めぐりのよい体にするのは体臭対策だけでなく、健康のためにもとても良いことですね。さわやかな香りの元気な女でいるために、体臭対策はしっかりしておきましょう。

夏場の汗のニオイを防ぐ具体的な方法

夏場にオススメのデオドラントグッズ

汗臭いという言葉がありますが、実は汗そのものには臭いはほとんどありません。

出どころとなる汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2つがあり、エクリン腺からの成分はほとんど水分と塩分なので、無臭です。

一方、アポクリン腺からの成分にはタンパク質、脂質、アンモニア、糖質、など栄養が豊富に含まれています。これも最初はほとんど無臭ですが、常在菌によって分解されるとワキガなどの独特の臭いを発する原因になります。

アポクリン腺は脇の下、陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪といった限られた部分にあるので、特にこれらの部位が悪臭の発生源になります。

夏場は特に臭いやすいので、対策方法を知っておくといいです。

スプレータイプを中心に、デオドラントグッズは様々なタイプが市販されている

真っ先に思いつくのがデオドラントグッズです。欲しい効果にあった製品を選ぶことができれば、効果が期待できます。

デオドラント剤が有効なのは、殺菌や抗菌作用によって雑菌の繁殖を抑えたり、汗をかかないようにさせるからです。入浴直後の綺麗な肌に使用すると効果が高いです。

パウダースプレー、ローションタイプ、クリームタイプ、シートタイプ、ロールオンタイプなどいろいろなものがありますが、手軽に使えるのはパウダースプレータイプです。

ただし、効果をしっかり出したいならばロールオンタイプやクリームタイプが適しています。

市販のデオドラント剤を使う以外にも、ミョウバン水を使うという方法もあります。ミョウバンは食品添加物の一種で、漬物の発色をよくするためなどに使われています。

これも雑菌の繁殖を抑える効果が高いです。薬局やスーパーなど手軽に手に入りますし、値段も30gで百円前後と安いのが魅力です。

これを水道水に溶かして、使うとき以外は冷暗所に保管しておきます。この状態なら1ヶ月程度保管可能です。

ミョウバン水は安全なので、手足、脇、顔や頭皮にも使うことができます。昔の人は殺菌作用を活用してうがいをしていたくらいです。

ただし、肌の弱い人が顔や頭皮に使う場合は気をつけた方がいいです。かゆみが出る可能性があるので、濃度を薄めて様子を見ながら使うようにしましょう。

実は食べ物も体臭に影響しているケースもある

基本的なところでは、食べ物を見直す方法もあります。臭いを発しやすい食べ物と防止効果がある食べ物があります。

避けた方がいいのは、肉、ニンニクやニラなどのアリシンが含まれている食べ物、過酸化脂質が多いインスタント食品やジャンクフード、お酒、などです。

逆に、ビタミンが含まれている果物、野菜や海藻、きのこ類などのミネラルが含まれているアルカリ性食品は乳酸の発生を抑えてくれます。

他に腸内環境を整えるヨーグルトなども役立ちます。

体臭を防ぐサプリメントがあるって本当?

体臭を防ぐサプリメント

年々体臭などに気を使うことの重要性が増しており、ドラッグストアなどでは改善させるための様々なアイテムが販売されているのですが、消臭スプレーは効果が得られたとしても一時的ですし、香水は香りが混ざってしまい逆効果になってしまう恐れがあります。

そこで、好ましいのは根本的に臭いを断つことができるサプリメントを摂取するということであり、一時しのぎではないからこそ仮に慌てていて対策し忘れて出かけてしまっても慌てることがありません。

ただし、摂取する前に念頭に置いておかなければならないのは、即効性があるわけではない上に年単位で愛飲していても良い変化が感じられない方が居るということです。

そのため、購入時には含有成分についてしっかりと目を向け、自分が見舞われている原因に合致し効果的であることを見定める必要性があります。

体臭予防のポイントは皮脂の酸化を防ぐこと

そのような中、比較的多くの方々の体臭の要因になっている事として挙げられるのが皮脂の酸化で、それらにより成分の根源になる脂肪酸などが生成されてしまい、結果として鼻を突く様子になってしまいます。

酸化を予防するために良いとされている成分がパクチーであり、効能を元にしてドラッグストアやネットショップではパクチーを粉末にしたり、カプセルに閉じ込めたサプリが種類豊富に取り揃えられています。

東南アジアでは古くから親しまれているポピュラーな食材ですが、日本ではあまり馴染みが無い上に独特な香りが好みを二分させています。

しかし、カプセルのサプリなら全く香りや味は感じないので、有効成分のみ確実に得ることができ、体臭のケアに注力できます。

めかぶを原料とした消臭サプリがいま人気を集めている

また、近年インターネット上で話題になることが増えているのがめかぶが持つ作用であり、早速サプリメントとして商品をリリースするメーカーが出てきています。

めかぶには海藻類全般に含有されているものがあり、胃腸内において強い臭いを発する原因を包み込んでくれるのです。

しかも、包み込まれた原因物質は尿や排出物によって体外に排出されるので、体臭となり感じることはありません。

そして、古くから気になる体臭をケアするために用いられ続けている柿の渋みも相変わらず高い人気を誇っており、頼りにしている方が大勢居ます。

柿の渋は石鹸に用いられることが多いものの、サプリメントのタイプも登場しており昔ながらの知恵で内面からもアプローチさせられます。

体内から発せられる事柄だからこそ、成分を取り込んで訴求すればコンプレックスを根絶でき自信が持てるようになります。

わきがの原因って何?

現代社会の人々の間では、スメルハラスメントという単語が生まれるほど臭いに敏感です。特にわきがに対しては、不快感を覚える人も多いと言えるでしょう。

それもそのはず、人によって激臭を伴うわきがは、その場の臭いだけではなく、場合によっては服に臭いが染み付くことすらあると言われています。

そんなわきがの原因は、主に遺伝によるものとされています。

わきには皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺と呼ばれるものがありますが、特に生まれつきアポクリン腺が多い人ほど臭いを発しやすいのが現状です。分泌される汗の量が増えることで、臭いが増してしまいます。

対策法としては手術を受ける方法と日々のケアを気を付ける方法のふたつが考えられます。手術を行うことで臭いの原因を取り除くことができますが、症状によっては多額の出費は免れません。

デオドラントスプレーの利用、汗をかいたらこまめに拭くなど、日々のケアを入念にするだけでも臭いを抑えることができます。

病院でわきがを治してくれるの?

体に関する悩みの中でも、体臭に関わることは非常にデリケートな問題です。わきがはそうした中でも多くの人が抱えているもので、夏など発汗が多くなる時期にはより問題が深刻なものになります。

わきがの臭いを軽減する方法としては、市販のデオドラントやクリームを使用する他、ミョウバン水などを使うという人もいますが、どれもあくまで対症療法になるので、根本的な解決にはなりません。

わきがの臭いの原因は、アポクリン腺と呼ばれる汗腺からの分泌液に雑菌などが繁殖するためで、このアポクリン腺の働きを抑えることが治療へとつながります。

専門の病院を受診すれば、アポクリン腺の除去手術を受けることができるので、臭いを元から断つことが可能となります。

手術に抵抗がある人であれば、ボトックス注射の治療もおすすめです。これはアポクリン腺の働きを抑制することができるもので、短時間で施術が完了する上、ダウンタイムも必要ないので、施術したその日から普段通りの生活をすることができるのが大きな利点です。

日常生活でできる体臭対策法

体臭に悩む方は多くいます。臭い消しとしての商品は沢山発売していますが、結局は原因である体臭の対策をしない限り臭ったままになってしまいます。

その対策として一番効果の高い方法は、やはり運動をして身体を動かすことです。日頃から身体を動かす習慣がないと、臭いのない良い汗を出すことは出来ません。

身体を動かすことでストレスを融和し、ホルモンバランスを整える事で、汗の質が高まり良い汗を出すことが出来ます。

しかし、せっかく運動をして出した汗を放置してしまったら、細菌が繁殖して匂ってしまいます。しっかりとふき取る事で細菌の繁殖を抑え、臭いが強くなることを防ぎます。

運動が苦手な人はサウナや半身浴なども効果があるので、怖がらずに積極的に汗をかくことが大事です。またムダ毛も処理が甘いと細菌が繁殖しやすいので臭い予防の為に、綺麗に処理をすることをお勧めします。

もっとも、日常的な食生活は体臭と密接な関係にあるので、健康的な食生活をして体調を整えることが大切です。

食べ物と体臭って関係があるの?

体臭の原因は、食べ物にも関係があるのをご存知ですか?さまざまな食べ物を偏りなど食べていればあまり心配はありませんが、特に臭いのきついものを継続して食べ続けていると、体の臭いにまで影響することがあるのです。

これは息に表れるというよりも、毛穴からもその臭いが漂うことがあります。肉料理や発酵食品など臭いが強烈なものを食べている人に特に多く、国によってこれらの食事を好む人種は体臭もきつい人が多いものです。

体そのものがその食べ物の臭いになっているという例も少なくありません。魚介類や野菜が中心の食生活を送っている人は、あまり臭いに特徴が見られないようです。

しかし、この体内に摂取するもので体臭が左右されるというのを利用し、バラなどの香りを体から放出させる為の目的で作られているサプリメントもあります。これは毎日飲み続けることでその人の香りがバラの香りになるというもので、若い女性の中では好んで使用している人も珍しくありません。